2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2016年1月 6日 (水)

「ふぐ八丁」にて 魅惑のふぐコース @大分市

ふぐの本場・山口にオットの実家があるというのに、オットも私も山口でふぐを食べた事がありません。

それは、大分に美味しい天然とらふぐをリーズナブルに食べさせてくれるお気に入り店があるから

なんて、それだけが理由ではないけど(笑)

他でふぐを食べるのがバカらしく思える位、美味しかった記憶があります。

前回訪れたのが約10年前

あの感動をもう一度!

暮れが近づきつつある11月末、駄目もとで電話すると

「カウンター席なら2席だけ空いている」との事

これは行くしかない!

という事で年末に近い土日、1泊2日大分弾丸ふぐツアーに行ってきました。

ふぐ八丁

大分駅から歩くこと10分強

繁華街の路地に懐かしいお店がありました。

1~3階がお店で和風の落ち着いた内装

店内に入ると、ご主人や女将さん、多くの店員さんが明るく出迎えてくれます。

通されたのは1階のカウンター

座った目の前からは厨房が一望でき、目の前でご主人・若旦那さんがひたすら作業をしています。

それにしても捌かれた大量のふぐが目の前に鎮座しています。

なんでも1日100匹ほどのふぐを捌く日もあるのだとか。

いただいたのは
ふぐコース@8,000円
ふぐ白子 @2,000円

東京だと2倍はするのでは、、、という内容ですよ。
それだけでなくふぐ八丁ならではのお楽しみもあるので、もはやプライスレス。

Img_2767
飲み物は、ふぐといえば「ひれ酒

うおっほ~♪香ばしくて良い香り

Img_2775
カウンター席だけの嬉しい特典その1

熱燗のお替り一杯サービス

飲みきったのを見計らって女将さんがなみなみ継ぎ足してくれます。

あまり飲めない我が家はお酒はこれで十分。

今回は熱めかな?2杯飲んでもあまり酔いませんでした(* ´艸`)

Img_2770

てっさ(ふぐのお刺身)

2人前よりもっと多いような、、、大皿にごっそり!

身だけでなく皮の部分もたっぷりで食べ応え十分

特製ポン酢と薬味と一緒にいただきます。

こちらのポン酢がこれまた美味しい!

柑橘系の香りと味がフレッシュで、いただいた瞬間「これよこれ!」と歓喜の声をあげてしまいました。

実は薬味には、万能ネギ・もみじおろしの他に、この店ならではの秘密の薬味も添えられており、それが劇的に美味いのです。それ目当てといっても過言ではない。

それは、、、アン肝をなめらかにして更に美味しくしたとでも言いましょうか。

とにかくクセになる美味しさ

身はふぐにしては気持ち厚め

コリコリとした食感の中にもふぐの身の美味しさをしっかり感じる事ができます。

お刺身だけでも結構お腹にたまります。

Img_2777
ふぐの白子

今年は12月に入ってから白子が食べ頃を迎えたそうで(例年だと11月)

大きさから言えば2月ごろの方がこの3倍ぐらいの大きさになるのだとか、、、ごくり。

外側の香ばしい焼き目と中のクリーミーな白子がまったり♪

実家の青森では真鱈の白子はよくいただくのですが、やはりふぐの美味しさにはかないません。

Img_2779
ふぐのから揚げ

カボスをぎゅっと絞っていただきます。

柔らかくもほど良い弾力がありうまうま♪

上手に揚がっているのでいくらでも食べられそう。

ここでかなりお腹いっぱいになってきました。

はたして完食できるのか不安になってきた (-_-;)

お鍋の前に

カウンター席ならではの嬉しいサービスその2

小鉢一品がサービス♪

お店の都合で写真や詳細NGです

アン肝を数段なめらかに数倍美味しくしたような和え物とでも言っておきます。

とにかく美味しい!

他のふぐ屋さんではまずお目にかかれない一品。

Img_2790
てっちり(ふぐの鍋)

「お鍋の用意してもいいですか?」と聞かれ、鍋のセッティングをしてくれます。

いよいよてっちり

ここでもふぐの身がたっぷり

Img_2792
家だととっくにご馳走様でしたと言っているレベルのお腹いっぱい具合なのに、何故か入るんですよ。

刺身・から揚げとはまた違った美味しさがあります。

弾力がより増してぷりんとした食感が楽しめます。

そして、あの魅惑の薬味・ポン酢と共にいただくと本当に美味。

そして

ぐつぐつ煮ていると

ご主人が厨房越しに突然何かを鍋の中に投げ入れた!

サイズとしては食パンの耳程度の黒っぽいもの

なんでもふぐの背中の皮だとか

「カウンター席だけの特別サービスだよ」だってヽ(≧∀≦)ノ

コラーゲンの塊といった感じでぷるっとしたゼラチン質は初めての食感

良い体験をさせて頂きました。

さっきまで「美味しい!けどお腹キツい!」と騒いでいたオット
ずいぶん静かだな~と思って隣を見ると
満腹感と酒に飲まれたオットが撃沈
何回か起こしてみるものの死んだままなので、ほっといててっちり食い続行
すると、女将さんや女性店員さんが
「大丈夫?」「お水持ってこようか」
としきりに心配してくれます。
「あ、大丈夫です。じき起きますから」「いつもの事ですから」
と対応しながらせっせと食べ続ける私
しまいにはご主人にまで同情されてしまった(ノω<;)

なんとか平らげ、雑炊を少なめで頼むことに。

雑炊はお店の方が厨房で仕上げてくれます。

こちらのお店の方はかなり気さくな接客ですが、てきぱき動きが良く目も行き届いた感じで居心地が良い。

少し経って雑炊が到着。

このタイミングでオットを起こすと

「あの鍋の残り全部食べたの?いつの間に!すごいね!」

あなたが寝てたんですから、そりゃもう必死で食べました!

お待ちかねの雑炊♪

頑張って鍋を平らげたのはこの為なのよ!

お腹の皮が伸びてはちきれそうな位苦しいのにあっという間に完食

他のテーブルの料理を覗くと、手に入れば関さばも提供出来るのだそう。

次回くる事があれば是非食してみたい~

幸せな時間を過ごしました。

ごちそう様でした

※かかった金額・・・一人当たり約1万2千円

ふぐ八丁大分市観光協会内HP

住所:大分県大分市都町2丁目4-11
電話:097-536-2987
営業時間:17:00~23:00

2015年12月26日 (土)

「もり山」にてジューシーから揚げ @中津

大分でふぐを食べる事が今回の目的ですが

せっかくだから本場のから揚げがどんなものか食べてみたい!

ということでレンタカー飛ばしてやって来たのは

から揚げの聖地・中津にある

Img_2738
もり山 万田本店

たびたびテレビでも取り上げられる有名店で

から揚げコンテストでも受賞しているとか

開店が11時からで着いたのが12時前

土曜日だし混んでいたらどうしようと心配しつついってみると、ラッキーな事に先客は一組

駐車場は店の目の前に2~3台、向い側に広い駐車場があります。

トイレは駐車場の置くにある作業スペースらしき建物の端にありました。

店内に入ると、すぐに注文カウンターがあり、3組までなら店内でイートイン出来るコーナーも併設

Fullsizerender

夜に支障がでない程度の軽めに注文

2人で
骨付きブツ切(200g)
骨なしミックス(200g)
砂ずり串(2本)

 

合計 1,040円

注文してから揚げるので10分位待ちます。

番号を呼ばれてカウンターにとりに行きます。

Img_2746

店内で食べるor持ち帰り など特に聞かれず、毎回このような状態での引き渡しのよう。

湯気がこもらないのでべちゃべちゃにならなくて良い♪

では椅子に座っていただきます。

Img_2747
骨つきブツ切

中はしっとりやわらかジューシー
味付けはしっかり付いています。
しょうゆとニンニクがきき、甘ったるくない味付けが気に入りました。

Img_2748
骨なしミックス(もも・むね)

骨なしだと食べやすくて良いですね。
味付けは同じ
骨付きの方がよりやわらかジューシーを堪能できるから好みかも。

Img_2750
砂ずり串

砂肝に細かく切れ目を入れたものを串に刺し揚げたもの
ピリ辛の味付けでビールが欲しくなります。
初めて食べる食感で楽しかったです。

食べる前は、どうしてこんなから揚げ屋さんばかりあるの?なんて疑ってかかってたオットも大満足。

油っこくないので全く夕食に影響はありませんでした。

近くに住んでいたら頻繁に買いに来るだろうな。

恐るべし!中津のから揚げ!

ごちそうさまでした

Img_2742

もり山 万田本店 (お店HP)

住所:大分県中津市大字万田566-5

電話:0979-24-2222

営業時間:11:00~20:00

定休日:火曜日

そのあと立ち寄ったのは、宇佐神宮

全国にある八幡宮の総本山なんだとか

Img_2759
広大な土地に荘厳な建物と立派な木々

結構な数の階段を昇らなければ本宮には辿り着けません

Img_2760
天皇陛下のご先祖を祀っているんですね

Img_2762
パワースポットと言われるのも頷けます。

下界とは空気が違いキーンと張り詰めていました。

とても神聖な気持ちになりましたよ。

八幡総本宮 宇佐神宮 (HP

住所:大分県宇佐市大字南宇佐2859

TEL:0978-37-0001

2015年12月14日 (月)

「東京豆花工房」で癒されスイーツ @神田

Img_2682

都内に本格台湾式豆花のお店が12月1日オープンしたと聞き、早速行きました。

秋葉原駅・神田駅からともに徒歩5分ぐらいの場所。

向いには有名なお蕎麦やさん「かんだ やぶそば」、並びには「神田雲林」があります。

Img_2677

店構えは地味ですが、やぶそばさんを目指せば見逃すことはありません(^^)v

Img_2679

店頭に置かれたイラストが味わい深くて良いわ~

日本で頂ける日が来るとは...感無量でございます(しみじみ)

店内はテーブル席が2卓とベンチ椅子の簡素な作り。

中に入ると温厚そうなご主人がお出迎え。

正面のショーケースには豆花さまにかけるトッピングがずらり。

どれもツヤツヤして美味しそう♪

Img_2681

店主さんに撮影の許可を頂き、盛り付ける様子をパチリ。

豆花のメニューは2種類
トッピングあり→650円(+税)
トッピングなし→500円(+税)
温かいor冷たいを選択

豆花にかけるシロップは通常は1種類(黒糖)ですが、寒いこの時期には生姜シロップと2種類から選べるようです。

私はトッピングあり+温+生姜シロップをチョイス。

「トッピングはどうなさいますか?お好きなのをどうぞ。全部でも良いですよ」

と言って下さったのでお言葉に甘えて全部載せをお願いしました。

小豆・落花生・白玉・紫芋団子・はとむぎ・さつまいも・南瓜団子だったかな、、、ひとつひとつご主人が説明しながら載せてくれます。

「お好きな具があれば多めに盛りますのでおっしゃって下さい」

なんて嬉しい事を言ってくださる!

遠慮なく追い小豆をお願いしました うひひ♪

テーブル席が一つ空いていたのでゆっくり座って頂きます

Img_2682

体に良さそうな自然なお味でそれはもう美味しくいただきました。

不思議とするするお腹に入ってしまいます。

「美味しかったです!おかわりしたい位です」と言うと

隣のお客さんが「そうなのよね、くせになるのよね!」

と意気投合し豆花談義に花が咲きましたよ。

Img_2685

長居するようなお店ではありません。ささっと食べて帰ります。

本格的な台湾味と癒し系のご主人が印象的なお店でした。

ごちそうさまでした。

Img_2678

東京豆花工房お店FB
東京都千代田区神田須田町1-19
電話:03-6885-1910
営業時間11:30~18:00
定休日 水曜

2015年12月 6日 (日)

ダブリュー表参道 ザ セラーグリル @表参道

ご無沙汰してました。
仕事を再開しブログにまでエネルギーが回らなくお休みしていました。
やっと再開する余裕が出てきましたので、無理しない程度に続けたいと思います。
今後は覚え書き程度の簡単な内容になりますが、どうぞよろしく!

師走の夜、ワイン好きの友人と集まる事になました
「イルミネーションが見られる街にして!」とのリクエストで選んだのは『ダブリュー表参道 ザ セラーグリル』
表参道駅から渋谷方面に歩いてすぐ、路地沿いの地下にあります。

ここのお店に決めた理由は、店内に大型ワインセラーがあり小売価格からお手頃な持ち込み料で頂けるシステムが気に入ったから。
ワイン樽やワイン箱をふんだんに使ったカジュアルな雰囲気。
グリルを取り囲んだカウンター席はおひとり様でも快適に過ごせそう。
店員さんは明るくお出迎えしてくれ、日本語ペラペラの外国人の姿も。活気のある雰囲気が良い感じ♪

まずはクーポンでゲットしたスパークリングワインで乾杯
ワインはボトルで。ソムリエ目指してるスタッフさんに目利きしてもらいました。
まずは生牡蠣を頼んでたからシャブリ(4千円)次はスペイン産の赤ワイン。
店名にもなっているだけあってグリル料理がお勧めだとか。グリル野菜の盛り合わせを頼みましたが良い焼き加減で美味しかったです。
レバーパテは甘めの仕上がり、牛ホホ肉の赤ワイン煮込みは味付けにもう少しパンチが欲しかったなぁ。でも許容範囲です。

静かにゆっくり飲むというよりは、わいわい賑やかに過ごすお店です。もちろん楽しく時間を過ごせましたよ。
ランチではワイン飲み放題だとか!それも気になる〜
機会があればまた来てもいいな♪
ごちそうさまでした。

かかった金額…1人あたり5,500円

ダブリュー 表参道 ザ セラーグリル
W omotesando The Cellar Grill
住所:東京都港区北青山3-10-6
青山パークスビルB1F
Tel./Fax. 03-3400-3552
営業時間
Lunch 11:30 - 15:00(無くなり次第終了)
Dinner 17:30 - 24:00

2015年1月16日 (金)

煉瓦亭にて カキフライ @銀座

053

明治28年創業の老舗の洋食屋さん。

冬になると、毎年カキフライを目当てに訪れています。

所用で近くを通った際、さっきまであった行列が途切れていたので思わず訪問。

平日の1時半頃でした。

047
レトロな建物の入口に近づくと、中の店員さんがドアを開けて出迎えてくれます。

入るとすぐに昔ながらのレジスターが置いてあり、横には大旦那さんがいつものように座っています。

お店は、地下1階から3階まで。

3階は座敷、それ以外はテーブル席。

店内はコンパクトで階段はやや急な造りになっている。

048
この日は、2階に案内されました。

2階は10卓ほど。

052

かきフライ@2,100(冬期限定)、ライス@300

牡蠣は三陸産。

大震災のあった2年間は、気に入った牡蠣が手に入らず、カキフライをメニューから消した程のこだわりよう。

053

大きな牡蠣が6個。

家庭ではあまりお目にかからない堂々たるサイズ。

付け合せには千切りキャベツと

串切りのレモンスライスの他に、たっぷりのタルタルソースが添えられている。

054

外はサックサク、一口噛むと中はトロリ♪

そのままでも美味、タルタルソースをつけても美味♪

あぁ、幸せ~(≧▽≦)

私の中では、ナンバー1のカキフライです。

煉瓦亭

住所:東京都中央区銀座3-5-16

電話:03-3561-3882

営業時間
月~金 昼 11:15~15:00 L.O. 14:15
月~金 夜 16:40~21:00 L.O. 20:30
土・祝 昼 11:15~15:00 L.O. 14:15
土・祝 夜 16:40~20:45 L.O. 20:00
定休日:日曜日
夏期休業:8月のお盆の頃に4~5日
お正月休業:12月30か31日~1月4日

«「天然居」にて河南&四川料理コース @虎ノ門